20代リーマンのお金やりくり日記

20代のサラリーマンが定期預金、ロボアドバイザー、投資信託、株を駆使して5,000万円を目指します

会社のカラオケを無難に乗り切る私の7曲

f:id:jikkurikotokoto:20190310165207p:plain



3月

組織の異動や退職などで送別会が多くなる時期です。

二次会、三次会でカラオケに行く人も多いのではないでしょうか。

皆さんはカラオケではどの様な曲を歌いますか。

年の近い友人ならまだしも、職場となれば20代〜50代まで様々な年代となりますので、あまり自由に選曲しすぎると、場合によってはひんしゅくを買ってしまうかもしれません。
営業部とかであれば、「営業ならみんなが盛り上がれる曲を歌わなければ〜」「接待だったら顧客が白けてしまう〜」等と説教案件になってしまう可能性もあります。

そもそも会社のカラオケなんて全然行きたくねーっと言う声が大多数とは思いますが笑
社会人として生きて行く上では付き合いもあります。
特に企業努めのサラリーマンであれば、むしろ社内営業こそが一番大事です。

そこで、私が職場のカラオケを無難に乗り切る7曲を紹介します。

私のプロフィール(簡単)

まず私の簡単なプロフィールと職場の構成です。

 1.年齢   : 20代後半
 2.性別   : 男
 3.所属部署 : 営業部
 4.部署構成 : 男性9割 女性1割
 5.年代   : 私以外は殆ど30~40代中頃 部長・課長が50歳前後
 6.カラオケ : 苦手(ヘタクソなのと、人前で歌う事が恥ずかしいです。。)

会社全体がほぼ男ですので、自然と女性社員が少ない職場です。
音楽は好きですが、音痴ですので中の良い友人ならいいのですが、
職場ではあまりカラオケは好きではありません。。

私のカラオケを無難に乗り切る私の7曲

※注意
ここからは私の超個人的な意見及び趣味嗜好が色濃く反映されております。
参考程度に読んで頂ければ幸いです。

いよいよここからが会社でカラオケ無難に乗り切る私の7曲です。
最近は次の7曲をひっさげカラオケを乗り切ってます。

米津玄師 - Lemon

www.youtube.com
これは鉄板の1曲ですね。
2018年に大ブレークした米津玄師の曲です。
タイアップとしては2018年1月から放送開始したドラマ『アンナチュラル』の主題歌となってます。
同年のNHK紅白歌合戦でテレビ初出演になった事も大きく話題となりました。
カラオケランキングを見てもいつも上位におり、同年代はもちろん年上世代にも認知されている曲です。
ただ、鉄板すぎるので選曲が被る可能性が大です。

あいみょん - マリーゴールド

www.youtube.com
同年代が多いカラオケでは、最近歌います。
声のトーンも低めですので男でも歌いやすいです。
こちらも2018年NHK紅白歌合戦で披露された曲ですので、
あいみょんを知らない方でも「なんか聞いた事ある。。」程度に認知はされていると思います。
ただ、音楽に疎い人が多いと「最近の曲だな。」の様な印象で終わってしまう事もありますので、周りを見ながらチョイスしております。

菅田将暉 - さよならエレジー

www.youtube.com
菅田将暉くんは歌手活動もしており、これが中々いい歌が多いんです。
この曲のタイアップとしては2018年1月から放送開始したドラマ「トドメの接吻」の主題歌となっています。

ミュージックビデオには山崎賢人が友情出演し菅田将暉と共演しておりますので、
女性陣がいる時は、山崎賢人と菅田将暉どっち派?みたいな話題の提供にも効果的です。
ぜひミュージックビデオ版で歌いましょう。

LUNA SEA - I for You

www.youtube.com
LUNA SEAと言ったらこの曲が代名詞なのではないでしょうか。
タイアップとしては1998年に放映されたドラマ「神様、もう少しだけ」の主題歌となっております。
ドラマが放映された同年にNHK紅白歌合戦へ初出場となった曲です。

LUNA SEAがブレイクした90年代中頃に中学〜高校生だった世代は現在30〜40辺りだと思います。
懐かしの曲として結構ヒットするのではないでしょうか。LUNA SEAまじカッコいい。

チェッカーズ - I Love you, SAYONARA

www.youtube.com
1987年に発売されたチェッカーズの曲です。
タイアップとしては当時の「腕時計のCM曲」として起用されていたそうです。
発売された同年には、チェッカーズにとって4回目の出場となったNHK紅白歌合戦にて披露されたそうです。

出オチですが、タイトルにSAYONARAと入っているので送別会にぴったしです。
(この曲はそういう「さよなら」を歌ってはいませんが笑)
ここら辺の年代の曲を一曲でも歌えると、中々、古い曲も知ってるんだなと思ってくれます。

安全地帯 - じれったい

www.youtube.com
1987年に発売された安全地帯の曲です。カッコイイ。
タイアップとしては当時の「カセットテープのCM曲」として起用されていたそうです。
安全地帯の一番の有名曲としては「ワインレッドの心」だと思いますが、
あえて違う曲を選曲する事で、知っている感を出します。

Oasis - Don't Look Back in Anger

www.youtube.com
1996年に発売されたイギリスの国民的ロックバンド「Oasis(オアシス)」の曲です。
日本では2010年に公開された映画「BECK」のエンディング曲に起用されております。
30~40代辺りの世代の方がいれば自然とサビの部分で大合唱になるでしょう。
カラオケにて大合唱した後はもう終わりのムードが出始めます。

実はこの曲。巷ではイギリスの‘’国歌‘’ともいわれている曲なんです。
そのきっかけの一つとして、‘’2017年にマンチェスターのコンサート会場で発生した爆発テロ事件‘’が関係してます。
爆発によって20人以上の命が失われました。

この追悼式典にて、集まった市民がDon't Look Back in Angerを追悼のアンセムとして合唱する場面があったそうです。
(その内容の記事については以下リンクより)
オアシスを魂の合唱「Don't Look Back in Anger」 マンチェスターの人々が英自爆テロの犠牲者を悼む | ハフポスト

さいごに

以上が会社のカラオケを無難に乗り切る私の7曲でした。
いかがでしたでしょうか。

私の超個人的な考えですが、参考になれば幸いです。
3月は何かと宴会の多い月です。体を大切にして乗り切りましょう。

ではでは